ハイジーナ(女性)のメリットデメリット

ハイジーナ(女性)のメリットデメリット

女性のハイジーナは基本的に自分でやる方法と脱毛サロンなどでプロにやってもらう方法になります。

 

自分でやる方法では、カミソリで剃る方法とケノンなどの自宅で行う脱毛器を利用する方法です。

 

そのメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

 

メリットその1 セックスが気持ちいい

 

実際にハイジーナの脱毛をした人はこの違いが大きいと感じているようです。

 

血行が悪くなるなどという説はこの気持ちよさだけでぶっ飛んでしまうくらい気持ちいいそうです。

 

「もう戻れない体になった」
「不感症がきれいに治った」

 

など多くの声があがっているのは事実です(個人差があります)

 

メリットその2 彼氏が喜ぶ

 

これははじめの一回だけですが、付き合ってそのような行為になった時、少し恥じらいを感じさせながら言えば、

 

効果は絶大!らしいのですが、多くの男性は嬉しい誤算!と考えているそうです。

 

 

メリットその3 めんどくさくない

 

人によってはこれが大きい人も多く、下着や水着になる機会が多い人や、モデルの人はこれにあたります。

 

女性ならムダ毛を処理することはあたりまえの行為ですからね。

 

他にも不衛生であるとの意見がありますが、一般的でなく科学的根拠(データ不足)のためランキング外とさせていただきました。

 

 

↓さらふわアンダーケアはコチラ↓
さらふわ

 

次にデメリット

 

恥ずかしい

 

日本では温泉や共同浴場などで同性と裸の付き合いがあります。

 

その際に、見られることがあり、まだまだ気にしている人も多くいるのは事実です。

 

寒い

 

これは血行が悪くなり寒くなるという人もいます。しかしながら圧倒的少数で誤差の範囲かもしれません。

 

 

ではどのように処理しているのでしょう。

 

まずは剃る行為。
これはメリットとして一時期だけハイジニーナになれるということです。

 

お試しとして行うためやっぱりやーめたというときも辞めることがすぐにできるということです。

 

脱毛も永久ではありませんから辞めることもできますが、すぐには生えてきませんから人によってはデメリットともいえます。

 

しかし、しっかりとデメリットがあり、黒ずんでしまうということです。

 

色素が沈着し黒ずんでしまうのは女性として、非常に大きなデメリットであり、異性からも嫌われてしまいますので、

 

ここは避けなければなりません。

 

昔は事故処理での怪我が多かったのですが女性ものの除毛の機器(シェーバーなど)が発達したため怪我は問題ないレベルだと思います。

 

この色素沈着も現在起こらなくても、時間が経つにつれ発生してくる場合も多く、年をとってからの色素沈着は目も当てられません。

 

次にケノンなど家庭用脱毛器です。

 

メリットとしていつでもできるということと、確実にできるということです。

 

脱毛ですから、剃ったときみたいにジョリジョリしていませんし、しっかりと脱毛できます。

 

予約をとらなくていいとか、恥ずかしくないといったメリットもあります。

 

しかしながらやっぱりおススメは脱毛サロンでの脱毛ということになります。

 

それでもここにもいろいろなサロンがあるのです。

 

現在の一番売れているサロンと言えば!
ミュゼプラチナム

 

 

ハイジーナ(女性)のメリットデメリット記事一覧

綺麗なパイパン動画【エロ注意】

綺麗なパイパン動画【エロ注意】http://www.redtube.com/147905http://www.redtube.com/126706https://www.youporn.com/watch/11706669/exotic4k-hot-brunette-kimberly-costa-g...

≫続きを読む

パイパン女性はアリかナシか

アンダーヘアが無い女性を「パイパン」などと言いますが、男性目線ではどう思われているか少々気になるところです。現在の日本では女性同士の同性でも、アンダーヘアが無かったら少々恥ずかしい思いもするかもしれません。しかし、徐々にではありますがアンダーヘアが処理されている女性も増えつつあり、逆に何も処理をしな...

≫続きを読む

さらふわアンダーケアはコチラ

【さらふわアンダーケアはコチラ】↓さらふわアンダーケアはコチラ↓【さらふわアンダーケアはコチラ】さらふわアンダーケアをしっかりとやった後は…・・・、欧米では当たり前のように行われているというデリケートゾーンのムダ毛の脱毛。日本でもメジャーとまでは言えないのですがアンダーケアの脱毛を行う女性は確かに増...

≫続きを読む